<参院選>比例に前田氏、愛知県連「寝耳に水」民主1次公認(毎日新聞)

 マルチ商法業者から献金を受け取っていた問題で、08年10月に民主党を離党した前田雄吉元衆院議員(50)=愛知県犬山市=が3日、同党の参院選比例公認候補に決まった。同党愛知県連からは「寝耳に水」と、地元置き去りの決定に不満が広がった。

 民主党県連の杉岡和明幹事長は「党本部からは事前に何の連絡もなかった。衆院選出馬断念でけじめはついたかもしれないが、有権者は納得していない」と地元への説明不足を指摘した。

 一方、自民党県連の青山秋男副会長は「民主はクリーンさを訴えながら、なぜ前田氏を立てるのか。鳩山(由紀夫)首相や小沢(一郎)幹事長も自身の疑惑をきちんと説明していない」と批判した。

 前田氏は08年10月、業務停止命令を受けたマルチ商法業者から講演料などの名目で献金を受け取っていたことが表面化。前田氏は離党し、衆院愛知6区からの立候補を断念した。市民団体から受託収賄容疑で告発されたが、名古屋地検特捜部は昨年12月、容疑不十分で不起訴処分とした。【丸山進】

【関連ニュース】
参院選:民主党1次公認候補発表 「政治とカネ」逆風の中
チリ大地震:鳩山首相が哀悼の意 大統領と電話で協議
3閣僚遅刻:鳩山首相「緊張感足りない」
平野官房長官:小沢氏の競走馬育成協会長兼職「問題なし」
鳩山首相:「小沢氏と説明責任で合意」予算審議で明かす

元「派遣村」村長、湯浅・内閣府参与の辞表受理(読売新聞)
官僚の「やる気」向上、刷新相が「政策コンペ」(読売新聞)
「長生き」誇れ 日本独自の高齢社会モデルを(産経新聞)
スモーカー どこへ誘導? 「全面禁煙」通知 屋内対策に自治体悩む(産経新聞)
参院審議でも説明責任果たす=鳩山首相(時事通信)
[PR]
by rk79jdqbig | 2010-03-07 22:44


<< 8日に基地問題検討委=政府・与... <窃盗>墓からダイヤモンドの指... >>