普天間移設キャンプ・シュワブ陸上に自民・谷垣氏「公約違反」(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は4日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、鳩山政権が米軍キャンプ・シュワブ(名護市)陸上部への移設案を検討していることについて、「公約違反だ。(県内移設反対派が当選した)名護市長選は、鳩山由紀夫首相が県外移設への期待感をあおった結果ではないか。日本の国際的信用を損ねている」と批判した。

【関連記事】
現行計画が最善だが、議論の余地も 米国務次官補が普天間問題で証言
平野官房長官、沖縄基地問題検討委の打ち切りも
「もはや日本は極ではない」 鳩山内閣は日米同盟を守れるのか
鳩山首相「小沢氏と疎遠じゃないと示すこと大事」
普天間 国民新・下地氏「決着先延ばしなら議員辞職」
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

有料化で犬猫引き取り半減、安易な手放しに歯止め(読売新聞)
<窃盗>勤務先から缶ビール864ケース 愛知(毎日新聞)
<原口総務相>新人議員向けの勉強会開く(毎日新聞)
<参院予算委>3閣僚が遅刻 野党「たるんでいる」と猛反発(毎日新聞)
1月税収9%減=ボーナス減少響く−財務省(時事通信)
[PR]
by rk79jdqbig | 2010-03-10 20:39


<< 4221人を門前払い=国公立大... 8日に基地問題検討委=政府・与... >>