「指示に従わず」と部下暴行=特別救助隊員を停職−東京消防庁(時事通信)

 部下に暴行したとして、東京消防庁は18日、同庁練馬消防署特別救助隊員の男性消防士長(35)を停職6カ月の懲戒処分にした。
 同庁によると、士長は昨年10月25日午後9時半ごろ、火災現場から署に戻った際、防火服の整理を命じた部下の男性消防副士長(33)が別の作業をしていたため、ほおを平手打ちにし、尻などをけった。
 副士長はあごの骨が折れており、現在も治療中という。
 士長は「指示に従わず、腹が立った」と説明。副士長は「別の隊員が既に作業しており、手は足りていると思った」と話している。 

日航、19日に更生法申請=前原国交相と鳩山首相が一致(時事通信)
自民が7人を追加公認 青木氏も 南部氏は辞退(産経新聞)
センター試験終了、追試は過去最多961人(読売新聞)
政府・民主に衝撃「捜査見守る」=社民幹事長「誠に遺憾」(時事通信)
<足利事件再審公判>聴取テープを再生 菅家さん否認の別件(毎日新聞)
[PR]
by rk79jdqbig | 2010-01-25 01:35


<< 小沢氏捜査 千葉法相「「公正公... 中堅ゼネコンを捜索=小沢氏団体... >>