カテゴリ:未分類( 73 )

<菅内閣発足>山田前副農相昇格 「対応遅い」「現場知ってる」 口蹄疫 宮崎の評価二分(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で現地入りして陣頭指揮を執ってきた山田正彦副農相が、8日発足する菅新内閣で農相に就任することが内定した。今も被害にあえ宮崎では「対応が遅い」「現場を知っている」と評価が分かれる。一方、山田氏は国営諫早湾干拓事業(諫干)の開門調査を巡り揺れる長崎県選出。地元の民主党県連は開門に反対しており、諫干を批判し続けてきた菅直人首相の抜てき人事に、地元の反応は複雑だ。

 山田氏は72年、出身地の長崎県五島市で牧場を設立。牛の飼育数は400頭、豚は年間8000頭を出荷し、長崎市内で肉屋や牛丼店を開いたことも。73年の第一次オイルショックによる飼料高騰などで経営が悪化、数年後に牧場は売却したが、国会議員では珍しい畜産業出身だ。

 鳩山由紀夫前首相が辞意表明の前日に口蹄疫問題で宮崎入りした際、直接窮状を訴えた被害農家の河野宜悦(よしのり)さん(48)=同県川南町=は「現場を知っている人が農相になるのはいいが、埋却地や農家への補償問題で速やかに解決してくれたとは言い難い」と批判的。一方、同町の養豚農家、甲斐利明さん(50)は「現場で直接現状を見ているのは大きい」と歓迎。ワクチン接種した農家への補償を国が全額負担する方針について「ありがたい。仲介役として国と県の間に入って双方に発破をかけてくれた。(今後は)国の決断も早くなるのでは」と期待する。

 一方の長崎県では、諫干の開門を願う漁民と、反対する営農者の双方から相反する期待の声が上がった。

 早期開門を求める長崎県諫早市の小長井町漁協理事、松永秀則さん(56)は「民主県連から圧力を受けるかもしれないが、開門への流れを受け取ってくれるはず。県連との調整が難しければ、開門に積極的な菅首相に判断を仰いでほしい」。一方、開門に反対の同県雲仙市の営農者、松山哲治さん(35)は「地元選出の人なので、開門に強い意向を示していた赤松広隆前農相よりはいい。開門反対の県連の意向をしっかり受け止めてくれるでしょう」と全く逆の意味で歓迎。同県連の渡辺敏勝幹事長も「山田さんはわれわれの意向を大切にするはず」と話した。【柳瀬成一郎、小原擁、川上珠実】

夏場所でも住吉会系組長が大相撲観戦 (産経新聞)
妊婦健診、全市区町村で公費負担「望ましい」回数(医療介護CBニュース)
<民主代表選>菅氏の決意に大きな拍手 勝利ムードも(毎日新聞)
4日認証式の可否照会=平野官房長官(時事通信)
“仕分け大臣”に蓮舫氏 政調会長は玄葉氏で調整(産経新聞)
[PR]
by rk79jdqbig | 2010-06-11 22:33

首相と小沢幹事長、夕刻から国会内で会談へ(読売新聞)

 鳩山首相と民主党の小沢幹事長らが1日午後6時頃から、国会内で会談する。

加藤元名人の敗訴確定へ=控訴見送り―野良猫餌やり訴訟(時事通信)
好況時の財政再建が重要=ギリシャ危機に焦点―内閣府報告(時事通信)
暴力団側への席、相撲案内所に出回る(読売新聞)
縄文初期の最古級土偶、竪穴住居跡出土 滋賀・相谷熊原遺跡(産経新聞)
切断された両足見つかる…新潟の国道側溝(読売新聞)
[PR]
by rk79jdqbig | 2010-06-02 00:16

「たたき台」最終案の取りまとめ延期−民主マニフェスト企画委(医療介護CBニュース)

 夏の参院選の政権公約を検討している民主党マニフェスト企画委員会は5月19日、政権交代後の実績の書きぶりついて話し合った。政府・民主党の政権公約会議(議長=鳩山由紀夫首相)の週内開催が難しくなったことから、予定していた「たたき台」の最終案の取りまとめを延期、20日も議論を継続する。来週の政権公約会議に提示する予定だ。

 民主党はすでに、参院選マニフェストの内容に関して、昨年の衆院選で打ち出した5本柱を継続し、その実績を説明するとともに、修正項目を明示することなどを決めている。この日は、5本柱のうち、「ムダづかい」と「子育て・教育」の実績をどう表現するかなどを議論した。


【関連記事】
「全体像示すべき時期が来た」−民主マニフェスト企画委
診療・介護報酬の「大幅引き上げ」盛り込む―自民・公約原案
消費税含む税制抜本改革で合意−民主マニフェスト企画委
「財政的に無責任と非難浴びるものだといけない」−民主党マニフェストで中野氏
「財政運営戦略」を念頭に取りまとめを―民主党マニフェスト企画委

覚醒剤密輸「中国で断った…助けてください」(産経新聞)
「イチゴーで全部」買春を勧誘 客引き男女9人を摘発 設置直後の防犯カメラが決め手 渋谷・道玄坂(産経新聞)
口蹄疫 10キロ圏の全家畜処分 政府決定(毎日新聞)
<図書館のない村>善意殺到 10日間で絵本1万冊突破−−福島・飯舘(毎日新聞)
地域の介護従事者の地位向上、待遇改善を―ワーカーズコープ連合会(医療介護CBニュース)
[PR]
by rk79jdqbig | 2010-05-26 21:54

首相「5月末決着」先送りに初めて言及(読売新聞)

 鳩山首相は13日午前、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題について、「6月以降になっても、また詰める必要があれば、当然努力はする」と述べ、自ら掲げてきた「5月末決着」の先送りに初めて言及した。

 政府はすでに「移設先の地元、米国、与党すべての同意」を得た形での「5月末決着」を断念しているが、首相自ら認めたものだ。野党などから首相の政治責任を問う声が高まるのは必至だ。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 首相は移設問題の「決着」について、「5月末という期限を私は作ったから、国民との約束の中でできる限りのことはする。(しかし)すべてが果たせるかどうかだから、6月以降になっても、また詰める必要があれば当然努力はする」と述べ、6月以降も首相として、決着に向けた努力を継続する考えを示した。

 平野官房長官が12日に鹿児島市内で徳之島の徳之島町議5人と会談したことについては、「(受け入れが)大変厳しいという話は伺った。こういうご意見を伺うことは大変大事なことだから、これからも続けていく必要がある。政府としての考え方に理解を深めてもらえるよう努力していきたい」と強調した。

 首相は昨年12月、2006年の日米合意を見直し、現行計画の沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部以外の新たな場所の選定を進める意向を表明。同月25日の記者会見で「5月末までに新しい移設先を含めて決定したい」と述べ、5月末の決着期限を自ら設定し、その後も繰り返し言及するなど、強いこだわりを見せてきた。

 政府は今月に入り、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てる現行計画を修正する案と、鹿児島県・徳之島へのヘリコプター部隊移転を軸とする普天間移設の最終案を固めたものの、移設先自治体や社民党は強く反発しており、同意を得られるメドは立っていない。

女子高生にわいせつ 容疑の塗装工を逮捕(産経新聞)
<東北道8人死傷>運転の29歳男性、書類送検の方針(毎日新聞)
詐取金は銀座や赤坂のクラブで散財 「開発設計コンサルタント」元部長代理を逮捕 (産経新聞)
口蹄疫問題にネットの怒り 募金活動に800万円集まる(J-CASTニュース)
進む多床室併設、「国民年金では個室無理」の声−特養・個室ユニットの行方(1)(医療介護CBニュース)
[PR]
by rk79jdqbig | 2010-05-17 17:57

高校教諭、無免許運転9年=部活でバス送迎も−大分・別府(時事通信)

 大分県別府市教育委員会は30日、市立別府商業高校の男性教諭(51)が9年間、車を無免許運転していたと発表した。教諭は「最初はうっかりミスだったが、何年かたつうちに意識が薄れた。関係者や生徒に申し訳ない」と話しているという。市教委は5月中旬に処分を決定する方針。
 市教委によると、教諭は29日午後9時ごろ、別府市内を自分の車で走行中、後ろのランプが切れていたため警察官に停止を求められ、無免許が発覚した。
 教諭の運転免許は2001年8月に失効していたが、通勤などで無免許運転を繰り返していた。高校では運動部の顧問を務めており、試合の送迎などで学校のマイクロバスを運転していた。 

【関連ニュース】
虚偽の調書作成の疑い=警部補を書類送検
多重死亡事故、25歳男逮捕=100キロ前後で無免許運転
免許証不正取得で追送検=代行運転バイトの元市役所職員
5人死傷事故で19歳逮捕=無免許でスピード出し過ぎ
小学英語、楽しさ大切に=「無免許」授業に不安も

水俣病患者「チッソ分社化」に不安(産経新聞)
<雑記帳>命名「もみじ」ゴマフアザラシの赤ちゃん(毎日新聞)
検証 医療ツーリズム元年(4)先端医療を日本から世界に(医療介護CBニュース)
自宅近くで頭から血、男性死亡…殺人で捜査(読売新聞)
首相動静(5月1日)(時事通信)
[PR]
by rk79jdqbig | 2010-05-06 09:55

JR西歴代3社長を強制起訴…福知山線事故(読売新聞)

 2005年4月25日に兵庫県尼崎市で起きたJR福知山線脱線事故で、検事役の指定弁護士4人は23日、井手正敬(まさたか)・元相談役(75)らJR西日本の歴代社長3人を業務上過失致死傷罪で神戸地裁に在宅起訴した。

 同罪の公訴時効(5年)が迫っており、指定弁護士の選任から1か月足らずでの起訴になった。改正検察審査会法に基づく「起訴議決」を経て指定弁護士が強制起訴するのは、20日の同県明石市の歩道橋事故に次いで全国2件目。

 他に起訴されたのは、南谷(なんや)昌二郎(68)(現JR西嘱託)、垣内剛(66)(同)の両元社長。神戸地検が昨年7月に在宅起訴した山崎正夫・前社長(66)を含め、JR西の社長経験者4人が刑事責任を問われる。

 神戸第1検察審査会による3月26日の起訴議決を受け、指定弁護士は同29日に3人が選ばれ、4月5日に1人追加された。これまで井手元相談役ら3人の事情聴取はしていないが、3人は神戸地検の調べに対し、「現場が危険とは知らなかった」と事故の予見可能性を否定している。

 同審査会は議決で、「3人は安全対策を実行すべき最高責任者。現場カーブの危険性を認識し、自動列車停止装置(ATS)の整備を部下に指示すべき義務を怠った」と指摘。「運転士の居眠りなどでブレーキ操作が適切にされないことを想定し、安全対策を取ることは、市民感覚として当然」と言及していた。

新規事業でサービス向上=斎藤日本郵政社長(時事通信)
中国軍ヘリ異常接近、岡田外相に報告は4日後(読売新聞)
シルク博物館でペルシャ絨毯展、イラン国外で初展示品も(産経新聞)
新規事業でサービス向上=斎藤日本郵政社長(時事通信)
<外国人男性刺殺>フィリピン人容疑者を逮捕…三重県警(毎日新聞)
[PR]
by rk79jdqbig | 2010-04-24 03:34

志位委員長が訪米へ=結党以来初めて−共産(時事通信)

 共産党の志位和夫委員長は20日の記者会見で、5月にニューヨークで開催される核拡散防止条約(NPT)再検討会議にオブザーバーとして出席するため、30日から5月8日まで訪米すると発表した。同党委員長の訪米は、結党以来初めて。志位氏はワシントンも訪問する予定で、米政府関係者と会談する方向で調整している。
 会見で、志位氏は「会議を主催する国連関係者や参加する各国政府代表団と会い、核兵器のない世界に向けた大きな成果を収める会議になるよう意見交換したい」と述べた。 

【関連ニュース】
核保有、抑止目的に限定を=長崎大司教ら
核廃絶求め首相に署名提出=連合会長ら
鳩山首相のNPT会議出席を要請=湯崎広島知事
「首相はNPT会議出席を」=広島県知事と議長が要請へ
鳩山首相、米ロ調印「世界に朗報」=閣僚も評価

「被爆桜」咲いた 滋賀・彦根の小学校、植樹の卒業生訪問(産経新聞)
若年パーキンソン、仕組み解明=小器官の「不良品」蓄積−都臨床研など(時事通信)
<東北新幹線>緊急ブレーキ作動で一時運転中止 7千人影響(毎日新聞)
国庫負担「肩代わり」法案を可決−衆院厚労委(医療介護CBニュース)
ワシントンで「サクラチル」=鳩山首相(時事通信)
[PR]
by rk79jdqbig | 2010-04-21 12:38

<トキ>ペア1組「抱卵」放棄か 新潟・佐渡(毎日新聞)

 環境省は16日、新潟県佐渡市で巣を作り、産卵した可能性が高いとみられていた放鳥トキのペアが長時間にわたり巣から離れる状況が続いており、「抱卵」を中断した可能性が高いと発表した。同省は、天敵に卵を奪われた、人が近づいて警戒した、などの可能性が考えられるが、理由は不明としている。

 環境省によると、このペアは09年に放鳥された3歳の雄と1歳の雌。6日から交代で巣に座り込む抱卵と呼ばれる行動が観察されていたが、12日午後以降は、2羽とも巣から長時間離れているという。卵はふ化しないとみられるが、「擬交尾」などの求愛行動は続けており、再び巣を作り産卵する可能性はあるという。

 卵が目視で確認されたのは、これとは別のペアでそちらに異常はないという。

【関連ニュース】
トキ9羽死:夜襲に慌てて金網衝突? テンは一流ハンター
環境省:雄のテン1匹を捕獲と発表 トキ襲撃かは不明
トキ襲撃:犯人?…順化ケージ侵入のテン、映像公開 佐渡
放鳥トキ:卵は2個 別のペアも産卵か…新潟・佐渡
放鳥トキ:佐渡で産卵を確認 自然界では31年ぶり

<JCOM>「デジ・アナ変換」来夏から実施(毎日新聞)
大江健三郎賞に中村文則氏(時事通信)
1人2200万円で決着へ=9日にも最終解決案−JR不採用問題(時事通信)
富士通 野副元社長、損害賠償提訴へ 取締役数人相手に(毎日新聞)
<鹿嶋市長選>現職の内田氏が接戦制し4選 茨城(毎日新聞)
[PR]
by rk79jdqbig | 2010-04-17 09:47

<iPS細胞>「高純度な肝臓組織」開発 医薬基盤研(毎日新聞)

 さまざまな細胞になりうるヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から高純度な肝臓組織を作り出す方法を独立行政法人・医薬基盤研究所(大阪府茨木市)と大阪大のグループが開発した。iPS細胞を肝臓細胞に変化させることはできるが、高純度な組織を作るのは難しかった。肝臓は薬物を分解する役割を果たす。

 今回、作られた組織は、薬を分解する酵素をヒトの肝臓並みに備えている。新薬候補物質を作った組織で分解できるか試すことで、毒性試験などへの活用が期待される。

 医薬基盤研究所の水口裕之チーフプロジェクトリーダー(分子生物学)=大阪大教授併任=は、ヒトのiPS細胞を培養したうえで、細胞に遺伝子を注入する働きをもつウイルスを使う。2種類の遺伝子を適切な時期に注入することで、iPS細胞を肝臓細胞に変化させた。

 約10日間の培養でできた細胞組織を調べると、肝臓で作られるたんぱく質「アルブミン」を生産する働きのある遺伝子が非常に多く含まれており、8〜9割の純度で肝臓細胞が形成されていることが分かった。薬物を分解する役割のある酵素「CYP3A4」も、培養した市販のヒトの肝臓細胞並みに現れていた。

 水口さんは「製薬企業などに肝臓組織を提供することを目指したい」と話しており、今後は実用化に向け、いつでも使えるよう凍結保存する技術や、細胞の品質を一定にする手法を開発していくという。【野田武】

 【ことば】iPS細胞

 皮膚などヒトの体細胞にウイルスなどを使って遺伝子を入れ、受精卵のようにさまざまな種類の細胞になりうる能力を持たせた人工の万能細胞。京都大の山中伸弥教授が作成し、07年に発表した。induced pluripotent stem cellと名付け、頭文字からiPS細胞と呼んだ。同様の能力を持つ胚性幹細胞(ES細胞)は受精卵を壊して作るため倫理的な問題が指摘されているが、iPS細胞はそうした問題がなく、期待されている。

【関連ニュース】
iPS細胞 人体再生への道/1 世界で初めて
iPS細胞 人体再生への道/2 原点はドリー
iPS細胞 人体再生への道/3 ES細胞との違い
iPS細胞 人体再生への道/4止 実用化に向けて
iPS細胞:競争続く研究 安全性確保が課題

<北海道4児死亡>車内からライター部品 死因は焼死(毎日新聞)
重文の古代装身具、修復終了=吉野ケ里遺跡「管玉」−奈良(時事通信)
野生復帰で初誕生のコウノトリ、不明3か月(読売新聞)
大賞は「ヒッチハイクで春つかむ」=ハッピーニュース2009−新聞協会(時事通信)
名張毒ぶどう酒事件 「再審決定を」支援者が高検に要請(毎日新聞)
[PR]
by rk79jdqbig | 2010-04-12 15:12

邦人死刑「日中関係に悪影響も」=外相が中国大使に懸念伝達(時事通信)

 岡田克也外相は2日夕、中国政府が麻薬密輸罪で死刑が確定した日本人について、新たに3人の刑執行を通告してきたことを受け、程永華駐日中国大使を外務省に呼び、日中関係に悪影響が出かねないとの懸念を伝えた。1972年の国交正常化後、日本人が死刑に処された例はなく、日本国内で対中感情が悪化するとの見方が出ている。
 程大使は外相に対し、中国国内での麻薬取り締まりの重要性を説明する一方、「懸念表明について、正確に本国に伝えたい」と応じた。
 中国政府は先月29日にも、邦人死刑囚1人の刑を執行すると通告、日本側は外交ルートを通じて懸念を伝えていた。外相としては、4人の死刑執行に対する日本側の関心の大きさと懸念を中国側に直接表明する必要があると判断した。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

足利事件検証報告書 思い込み…失態重ね 再発防止、心理学専門家の助言も(産経新聞)
<自民党>執行部、現体制で参院選…谷垣総裁(毎日新聞)
スーツケース遺体 男が出頭、関与ほのめかす…石川県警(毎日新聞)
<与謝野氏>新党結成、月内にも 平沼氏との連携視野(毎日新聞)
信濃川不正取水 JR東、水利権再申請(毎日新聞)
[PR]
by rk79jdqbig | 2010-04-07 03:45